五十肩について

こんにちは!三条院の風間です!

今回は五十肩について記載していきます。

一般的に五十肩と呼ばれる疾患は、40歳以後に頻発し、原因は加齢や過労によるもので原因がはっきりしない肩関節の痛みと運動制限をもたらします。

症状は発症時にいきなり現れるものや徐々に現れるものもあり一定しないが、肩の変形はなく、筋肉の短縮もなく、また軽度であり、腫脹、炎症などもありません。

日々の生活において髪をとかす、帯やエプロンの紐を結ぶ、洗濯物を干すときの動作が簡単に出来なくなることもあります。

12週間程度は、痛みが最も強い時期で、肩の前の方あるいは奥の方に痛みを感じます。
そして痛みは昼夜ともに持続し、夜も痛みがあるため睡眠が障害されます。

この時期は、無理に動かさず、運動を制限し、サポーターなどで肩を保温して、特に冬、夜は、布団から肩が出ないような工夫をしていきましょう!

あれ?私五十肩かもしてない・・・
と思った方はぜひ一度こちらに足を運んでみてはいかがでしょうか?

以上、三条院の風間でした(*^_^*)

『美・健康・運動』のトータルコミュニティ!!
日本姿勢改善協会
HP: http://sisei-kaizen.com
ココロとカラダのサポート集団!!
愛幸堂 たか整骨院・たかリハステーション
HP: http://aikoudou-taka.com

コメント


認証コード7079

コメントは管理者の承認後に表示されます。